フローフシ(FLOWFUSHI)なくなっちゃうのは悲しいTT

7年前に医療用鉱石の活用が始まりで、今や女性に大人気となった化粧品ブランド「フローフシ(FLOWFUSHI)」。

そのフローフシが表参道ヒルズに出した坂本龍馬ポスターのメッセージが意味深で話題になっています。

今回は「フローフシがなくなる理由!坂本龍馬ポスターのメッセージの意味を考察!」と題して調査します!

フローフシがなくなる理由や坂本龍馬ポスターのメッセージの意味を考察してみた!

わずか7年で世の女性たちから絶大な人気を誇る化粧品ブランドとなった「フローフシ(FLOWFUSHI)」。

そのフローフシが先日出した坂本龍馬のポスターには「FLOWFUSHI、最後の冬がはじまる。」と大きく印字され、世の中のフローフシユーザーの女性がざわついています。

「フローフシなくなったら、アイライナーどうしたらいいの!?」

「フローフシのリップだけ唇が荒れなくてよかったのに、どうしよう。。。」

「フローフシのシートマスク愛用してますが。。。ショックです!」

など、特にお肌が敏感な女性たちは非常に困惑しているようです。

「FLOWFUSHI、最後の冬がはじまる。」のポスターの裏手にはまた詳しいメッセージが書かれたポスターが。

それらのメッセージを読み解いて、これからフローフシがどうなるのか考察してみたいと思います。

フローフシの坂本龍馬ポスターのメッセージ全文

「FLOWFUSHI、最後の冬がはじまる。」のスローガンポスター裏手には、より詳しいメッセージが書かれています。

それを書き起こしてみました。

DEAR YOU

7年前、まったくの未経験のたった2人から始まったFLOWFUSHI。
何も知らない、何もわからない僕たちを、いつも導いてくれたのは、あなたでした。
世界中を旅して、たくさんの人種、性別、年齢の人と触れ合い、感じたことは、今のままでは僕たちが目指すLIBERATE BEAUTYは実現できないということ。
だから2018年で、FLOWFUSHIは7年の歴史にピリオドを打ちます。
世界のLIBERATE BEAUTYのために。
7年間のあふれるほどの感謝を込めて。

THANK YOU

引用元:フローフシポスターより

フローフシユーザーの個人個人に宛てられたメッセージのように書かれた文章。

そこには、未経験の(男性)二人が何もわからないまま始めた化粧品ブランド「フローフシ(FLOWFUSHI)」を育ててくれたユーザーへの感謝が述べられています。

そして、その結果世界中の幅広い人種、性別、年齢の方々と触れ合いフィードバックを得たともとれるメッセージ。

その中で、LIBERATE  BEAUTYをコンセプトとして掲げるフローフシが、今のままではそのコンセプトを実現できないとまで書かれています。

そして文脈は急転回。

「だから2018年で、FLOWFUSHIは7年の歴史にピリオドを打ちます。」

理由を詳しく書かないまま、フローフシブランドの終焉を伝える一文。

これで世の女性たちはフローフシブランドが畳んでしまうと思ってしまうことになりました。

でも、フローフシブランドの人気は健在。

今年の5月にZeroBase表参道で開催された「POP UP STORE」では、なんと4時間半も待つ行列ができたほどΣ(・ω・ノ)ノ!

そんな人気ブランドを畳むなんて。。。

でも創業者のお二人は極めてまじめに、世の女性の化粧品での悩みに向き合っている方たちだと思われます。

ですので、世界各国の老若男女の人々と接するうちに、真の目的は達成できていないと考えたのでしょう。

だからここはコンセプトを今一度ブラッシュアップする必要があると感じたのかもしれません。

このメッセージからフローフシが終わる理由を読み解いてみる

フローフシは2011年に誕生。

医療施設経営を経験した今村洋士さんが、医療用ミネラル鉱石を美容に活用しようと思い立ったのがきっかけです。

この医療用ミネラル鉱石は血流促進や抗酸化作用に効果的な、高濃度マイナスイオンを発生するもの。

その今村洋士さんが、中学時代からの親友桑島正幸さんを引き連れて立ち上げたのがこの「フローフシブランド」なのです。

化粧品分野は未経験で、しかも化粧とは縁遠い男性二人の挑戦。

この無謀ともとれる挑戦ですが、たった7年でなみいる老舗メーカーがひしめく化粧品分野で成功を収めるというまさに「偉業」を達成するなんてかっこよすぎます(*^-^*)

その成功の秘密は「妥協しない商品開発」。

これまで化粧品業界は、大手メーカーがコンセプトを作り、それを消費者が受け入れる形が一般的でした。

しかし、このフローフシブランドが掲げるコンセプトは「LIBERATE BEAUTY」。

LIBERATEとは「解放する」という意味なので、つまるところ「美しさを開放する」がコンセプトなのです。

ここまでくるともう感が良い人はお分かりになるかもしれません。

フローフシブランドが終わる理由は

これまで日本女性向けに開発してきたフローフシブランドを世界レベルで展開していく

ということではないでしょうか?

このフローフシブランドの創業者お二人が、世界中の人種、性別、年齢の方と触れ合ってきたうえで達した結論が、まさに今回のフローフシブランドにピリオドを打つ理由となると私は思います。

ということで、フローフシブランドはいったん閉鎖。そして世界レベルを睨んだリブランディング(ブランド再構築)を経てまた復活するという思惑があると思われます。

ポスターに坂本龍馬画像を使用した意味もなんとなくわかる

そう考えるとポスターに坂本龍馬画像を使用した意味も分かってきます。

坂本龍馬はもはや説明をすることも必要ない、日本の開国を早くから実現しようとした人物。

海外を視野に入れたフローフシのこれからの発展の象徴として、坂本龍馬画像を使用したと考えられます。

また、その表現手法もあの近代アートの巨匠「アンディ・ウォーホル作品をオマージュしたものと考えられます。

アンディ・ウォーホルもそれまでの「芸術」の概念を飛び越え、ポップアートの旗手として時代を先駆けしました。

その二人をモチーフに、これからのフローフシブランドの挑戦をポスターで暗喩したと考えられます。

フローフシ商品はどうなるの?買いだめは必要?

これまでフローフシブランドのこれからの展開をポスターから読み解いてきました。

それも気になりますが、フローフシユーザーが一番気になるのは「お気に入りのフローフシ商品がなくなるのかどうか」ということです。

正直申し上げますとここの部分については

フローフシしかわからない

というところです。

なにせこのフローフシが終わるというメッセージは公式サイトでも発表されていません。(2018年9月2日現在)

判断できる材料が全くない状態です。

ですが、情報を調べるうちにこのフローフシは

話題づくりが非常にうまい

ということがわかりました。

これこそ新興ブランドの真骨頂。

これまでのしがらみがない分、迅速にいろいろな手段で話題を作ることができます。

7年の月日がたった今、おそらくだいぶ顧客の定着(固定客化)が進んできたことでしょう。

また、すでに新ブランド発足までの道筋はできている可能性もあります。

固定客化が進めば、ある程度の需要予測はできます。

ですので、いったんブランドは終了するとはいえ、次の新ブランド発足までの生産計画は出来上がっているかもしれません。

しかも、この話題を出すことによる買いだめ需要も織り込み済みで(笑)

だから、今後のブランド発足までの在庫は十分にあり、在庫が切れたタイミングで新ブランド発足!

なんて神業を成し遂げるかもしれませんΣ(・ω・ノ)ノ!

これはあくまで個人の予想の範囲ですが、本当にそこまで考えていたらもはや化粧品会社の枠を超えて、マーケティングコンサル並み(というかそれ以上のまさに神的)ですよねぇ^^

でもそんな保証はないからいつもよりちょっと短いスパーンでちょい買いだめしときましょ♪

【2018.9.3追記】

どうやら問い合わせたフローフシユーザーさんに、フローフシからメッセージが届いたようです^^

 

昨日は#flowfushi の広告に振り回されていろいろ検索してたんだけども、今日何人かのユーザーにflowfushiから返答があった文面に気になる箇所が。。。。 『2018年12月末をもってすぐにflowfushi製品が買えなくなる ということではない』 2018年12月末でなくとも、やはり現行の商品に関してはしばらくしたら買えなくなるということなのか、、、。 しかし、 『買いだめやストックなどせずにお待ちください。』 とも言っているところを見ると今後も商品は出すということなのだろう。。。 ううむ。 気になりすぎる。 使ってるものはひとつずつくらいは買い込んでおいた方がいいのかしら? #flowfushi #フローフシ #flowfushi最後の冬

SUNNYさん(@crazy_o_o_nuts)がシェアした投稿 –

やはりすぐに買えなくなるというわけではないようです。

フローフシユーザーさんたちはもうフローフシがないと。。。

という方も多いので、買いだめせずにみんなにいきわたるようにしていきたいですね^^

でも買いだめやストックなどせずに「お待ちください」と書いています。

ということは、そんなに長い期間は空けないで「新しいフローフシの夜明けぜよ!」って帰ってくるんでしょうか?

今度はどんな商品がでるのか!楽しみでもあります!

フローフシがなくなる理由!坂本龍馬ポスターのメッセージの意味を考察!まとめ

今回は「フローフシがなくなる理由!坂本龍馬ポスターのメッセージの意味を考察!」と題して調査しました。

フローフシは本当にいい商品ですし、話題づくりがおもしろいですね^^

でも、商品がなくなるのはご勘弁!

でも「最後の冬」って書いてあるから、この冬は大丈夫かな?

はぁ~私もパックの最後の一枚早く使って、少し買い足しておこっと♪

もし何か情報が出てきたら、追記したいと思います(`・ω・´)ゞ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています】