この記事には、阿部寛さんが主演するTBSのドラマ「下町ロケット シーズン2ゴースト」の原作、池井戸潤さんの「下町ロケット ゴースト」のあらすじとネタバレが含まれます。

またこの池井戸潤さんの「下町ロケット ゴースト」のお試し版が、危険限定で読めるサイトもご紹介しています。

最終回の感想のも含まれますので、「下町ロケットゴースト」についてあらすじやネタバレを知りたくない方は閲覧をお控えいただくようお願いいたします。

【下町ロケットゴースト(お試し版)が無料で読めるサイト】

※「下町ロケット ゴースト(無料お試し版)」を読めるのは2018年9月30日までの期間限定です!

この池井戸潤さんの下町ロケットのお試し版を無料で読める電子書籍サイトは

eBookJapan

です。

eBookJapanは電子書籍のほかに漫画タイトルも21万作品収録!

サービスも初めての人限定で、書籍代金の50%ポイントバックがあったり、9,000もの作品を無料で読めたりと大変お得です!

しかもいまなら無料会員登録でeBookポイントを300Pプレゼント!

これを使ってお得に「下町ロケット ゴースト(無料お試し版)」を読んじゃいましょう!

※このeBookポイントはほかの決済方法と併用できません。(つまりポイントがその購入電子書籍の金額に達していないと使えません。

※ただし、ワンタッチクレジット決済(ワンタッチで登録クレジットカード決済ができる機能)のみこのeBookポイントと併用支払い可能です。

ご利用の際はクレジットカードのご登録を済ませておきましょう!

⇒eBookJapanへの登録方法等を開設したページはこちら

 

 

下町ロケットゴーストの原作のあらすじ

 

porter610さん(@porter610)がシェアした投稿

大人気シリーズ、待望のシリーズ第三弾!宇宙(そら)から大地へ。いま、佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!2015年に放映されたドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)の大ヒットも記憶に新しい、「池井戸潤、絶対の代表作」に待望のシリーズ第三弾が登場!倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。しかし、またしても佃製作所は予期せぬトラブルにより窮地に陥っていく。いまや佃製作所のシンボルとなったロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして、番頭・殿村に訪れた危機――。そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは・・・・・・。大きな挫折を味わってもなお、前に進もうとする者たちの不屈の闘志とプライドが胸を打つ!

引用元:https://www.ebookjapan.jp/ebj/324407/volume3/

下町ロケットゴーストの原作のネタバレ(随時更新)

第1章 ものづくりの神様[1]

 東京都大田区にある中小工業部品製造メーカー「佃製作所」。

先代社長を父の死により、社長を引き継いだ佃浩平は、今日も農機具用エンジンの開発に生を出していた。

そんな社長:佃浩平の元に大口顧客の農機具メーカー「ヤマタニ」から話があると連絡が入ったのは梅雨も明けた6月待つのこと。

農機具に使用する開発している新型エンジンのことかと思い、佃は「ヤマタニ」へ赴く。

 

 

「ヤマタニ」で佃を迎え入れたのは、調達部部長:蔵田であった。

蔵田は硬い表情で佃に佃製作所の業績について尋ねる。

佃はいつも要件をすぐに切り出すはずの蔵田の態度に違和感を覚えるが、話を合わせていた。

その流れで、農機具に使用予定の新型エンジンの性能(低燃費性能と効率化の進捗)を話す佃。

しかし、蔵田は「性能を高めた分、価格が高くなるんだろ?」と切り出してきた。

価格についてはのちほどとはぐらかす佃に、追い打ちをかける蔵田。

蔵田はこの農機具に使う新型エンジン採用の件を、白紙に戻したいと切り出す。

驚きを素直に出してしまう佃。

今年の4月に就任した新社長:若山の命で、部品の外注コストの抜本的見直しをしなければならないと告げる蔵田。

佃は、新エンジンの価格上昇分を補っても余るコストパフォーマンスについて説明しながら、計画を元に生産ラインや人員を確保していると食い下がる。

しかし、蔵田は高性能なエンジンよりも今は快適性能を重視していることを説明。最終的には「農機具は動けばいい」と切り捨ててしまう。

佃はあまりの衝撃に少々呆然とする。

技術を重視する佃製作所がこの新型エンジンを開発するためにしてきた苦労を全面否定せんばかりの物言いに、ショックを隠せなかったのだ。

蔵田は構わず続ける。

蔵田から渡された発注計画の代替案。

これを見て佃は戸惑った。新型エンジンどころか佃製作所が「ヤマタニ」に今まで納めてきた既存部品までもが削減対象となっているのだ。

今まで「ヤマタニ」も高性能路線で経営されてきたが、すっかりとその様相は消え全く違う会社へと変貌する計画書。

佃製作所のエンジンは高級機にのみ採用され、そのほかは快適性を重視した製品が主軸となっている。

衝撃のあまり「ヤマタニ」の蔵田にコストについて尋ねる。

あまりの想定外での低価格部品だったため、これは何かあるなと思い発注先にまで質問が及ぶ。

「ヤマタニ」の調達部部長:蔵田はその既存部品発注先について言及することを躊躇(ちゅうちょ)していたが、やっと重い口を開いた。

「ダイタロス」

最近聞くようになったエンジンメーカーに佃は驚いた。

ダイタロスは売りの調達力に者を言わせて、他社にはできない価格提案を行っている。

技術よりもその低価格が評価されている会社であった。

その破格の安さの部品調達費を見て、佃は敗北感を否めなかった。

今までさして気にしなかった二流メーカーに風穴をあけられたからだ。

技術力の佃製作所が安さのダイタロスに負けた瞬間。

佃はその衝撃に打ちのめされていた。

第1章 ものづくりの神様[1]の感想

大口取引先からの、いきなりの計画変更。内容は取引停止にも近い内容でした。

もう、この導入部分で10月放送の下町ロケットでの阿部寛さんが想像できますね^^

しかし、こんな急な計画変更。たとえ中小企業相手といえどありえるんでしょうか^^;

あるんだろうなぁ。私の知人の中小部品メーカー務めの人から聞いても、「そんなの普通にあるんじゃね?」といわれそう。。。

さぁ、これからこのダイタロスと佃製作所どうなるんでしょうか?

さすが池井戸潤さん、つかみはばっちりです。

最終回の感想

原作「下町ロケット ゴースト」を読み終わり次第追記します。

 

下町ロケットゴーストのお試し版が無用で読めるおススメサイト

【下町ロケットゴースト(お試し版)が無料で読めるサイト】

※「下町ロケット ゴースト(無料お試し版)」を読めるのは2018年9月30日までの期間限定です!

この池井戸潤さんの下町ロケットのお試し版を無料で読める電子書籍サイトは

eBookJapan

です。

eBookJapanは電子書籍のほかに漫画タイトルも21万作品収録!

サービスも初めての人限定で、書籍代金の50%ポイントバックがあったり、9,000もの作品を無料で読めたりと大変お得です!

しかもいまなら無料会員登録でeBookポイントを300Pプレゼント!

これを使ってお得に「下町ロケット ゴースト(無料お試し版)」を読んじゃいましょう!

※このeBookポイントはほかの決済方法と併用できません。(つまりポイントがその購入電子書籍の金額に達していないと使えません。

※ただし、ワンタッチクレジット決済(ワンタッチで登録クレジットカード決済ができる機能)のみこのeBookポイントと併用支払い可能です。

ご利用の際はクレジットカードのご登録を済ませておきましょう!

⇒eBookJapanへの登録方法等を開設したページはこちら

 

 

 

【下町ロケットのドキドキ記事をまとめました♪】

下町ロケット2ゴースト記事まとめ!

【この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています】