2018年8月1日、大都会東京の主要路線山手線が運転見合わせとなりました。

その原因が、「座席下に乗客が挟まった」から。

ええー!どんな状況?

今回は「山手線の座席下に男性が挟まったのはなぜ?画像でその状況を考察!」と題して調査しました!

山手線の座席下に男性が挟り運転見合わせ!

 1日午後2時ごろ、JR山手線内回り電車が浜松町駅に到着した際、乗客の男性が、座席と床の間に挟まった状態になった。東京消防庁が救助活動に当たり、男性は約1時間後に救助された。山手線内回りは約1時間にわたり運転を見合わせ、約1万7千人に影響が出た。

 警視庁愛宕署などによると、男性は酔っていたとみられ、電車がブレーキをかけた際に転倒して挟まったという。耳の辺りの痛みを訴え、救急搬送された。

 JR東によると、「車内で倒れている人がいる」と車掌に連絡があり確認すると、最後尾車両の優先座席で挟まった状態になっていた。うつぶせで、上半身が挟まっていたという。

 座席の下には暖房設備があり、座席と床の間の隙間は、15~40センチ程度という。暖房設備の部品を外して救助した。

引用元:https://www.sankei.com/affairs/news/180801/afr1808010020-n1.html

なんともお騒がせな事故(事件?)です。

この事故(事件)は当初急病人が倒れて座席下に挟まったとされていましたが、実は「酒に酔っていた」とのこと。

しかし、この事故(事件)に対し世間では「どういう状況?」などと困惑しています。

なので、山手線の座席画像を参考にその状況を考えていたいと思います。

 

山手線の座席下に男性が挟まったのはなぜ?画像でその状況考察してみた!

まずは山手線の座席下の画像を見てみましょう。

山手線の座席下は、狭いところで15㎝、広いところで40㎝となっていました。

おそらく15㎝のところはこの座席下両端の出っ張ってる部分ですね。

そして40㎝の箇所は、このソファ部分のフラットな座席下だと思われます。

そして、男性は酔っ払っていて最後尾車両の優先席に座っていたとのこと。

酔っ払ってると座席の中央には座らず対外両端に座ることが多いと思います。(酔っ払ってなくてもそうかな?)

 

そして、記事によると格好はうつぶせで、救出後に男性は耳のあたりが痛いといっています。

ということは

この座席下に挟まれた男性の状況を考察すると、おそらくメインで挟まったのは、15㎝のところに頭が挟まったのではないでしょうか?

整理しますと

  1. 最初は酔って寝ているところにブレーキがかかり、前のめりで転倒。
  2. そのままゴロゴロ転がり、良い隙間に入り込む
  3. 入り込んだ時は横向きで15㎝の隙間にはいったが、寝返りを打ちうつぶせになったところでロックオン!

このような感じだと思います。

日本の成人男性の頭の幅は平均約16㎝、頭長(眉間から高等部の一番高い場所までの直線距離)は平均約19㎝と3㎝の差があります。

もちろん個人差はありますので、横向けに15㎝の座席下隙間に入り込み、90度反転して頭長の後頭部に座席下の鉄板がめり込む可能性は十分にあります。

むかし、妹の結婚式で子供が椅子の隙間に頭を突っ込んだ時のことを思い出します。

その時も最初横向きに頭を入れたものの、それを90度反転させたところで頭を引っ張ったものだから抜けない。

本人はパニックになって場が騒然となったのです。

この酔った男性がパニックになったかはわかりません。

しかし、画像を見ると鉄板一枚の部分がありますので、そこにおそらく頸椎上あたりのくぼみがひっかかる可能性は高いと思います。

 

山手線の座席下に男性が挟まった件についてのネット反応

 

最初、障害のある方かご病気の方かと思って気の毒に思ったけど…酔っ払いと聞いて一気に引いた。損害賠償しっかりお願いします。

 

こういうワケの分からない悪質な酔っ払いは営業妨害で被害届を出して、逮捕された方が良いと思う。

 

きちんと賠償請求をお願いします

 

冬場だったら火傷してたね。

 

子どもなら仕方ないかもしれないが、いい大人が…。
まったく、迷惑な話だ。

 

昼間っから酔っ払っていいご身分だこと。思いっきり請求すれば良い。

 

どんな状態だろ
その人お金とられるのかなー

 

全く、その時の状況が浮かんでこない。

ヒーターと床面の間に挟まるとこなんてあるのか?

 

迷惑なやつ。。。

何万人の大事な用事や仕事に影響を及ぼす可能性があることを考えてほしい。

その遅れで生じた損害の費用を請求してやりたいくらいだ。

 

ちょっと何言ってるかわからない

ってタイトル見て思った

 

冬だったら大火傷だ。危ない。

意見で多かったのは、「損害賠償請求頑張って」という意見。

これってどうなるんでしょうかね?

ちょっと調べて追記したいと思います。

【追記:損害賠償金額について調べました!】

山手線を座席下に挟まって電車と止めた男性の損害賠償額はいくら?

また、「冬でなくてよかった。」という意見。

そうですよね。この電車のヒーターってただ座っているだけでも、すんごい熱いときありますもんね。

とにかく、この迷惑な酔っぱらいさんには多くの人が迷惑しました。

山手線の座席下に男性が挟まったのはなぜ?画像でその状況を考察!
まとめ

今回は「山手線の座席下に男性が挟まったのはなぜ?画像でその状況を考察!」と題して調査しました。

まったく人騒がせなひともいるものです。

そんな状況になるくらい酔っ払っているのならば、もう泥酔状態だったんでしょうね。

昼からお酒を飲むのは気持ちいいですが、こういった人間にならないように注意しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【この座席下に挟また男性の損害賠償金額について】

山手線を座席下に挟まって電車と止めた男性の損害賠償額はいくら?

【この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています】