巷で話題の4K放送。東京オリンピックは4Kで見よう!とはならないご様子。

今回は「4K放送はいつから?地上波は番組放送なし?録画禁止のなぜとチューナーアンテナの値段を調査!」

4K放送はいつから?地上波は番組放送なし?

ズバリ言いますと4K放送の本格始動は

2018年12月1日から

となっています。

本格的始動といったのは、試験放送や一部の動画配信サービスでは始まっているから。

でも、やっぱり世間の関心は薄いようです。

なぜならば

地上波は4K対応放送を行わない(つまり4K番組放送はなし)

だからです。

4K放送は基本的にBS・110度CS用の放送形式。

そして視聴するには4K放送対応テレビのほか専用のチューナーが必要となっています。

なぜ地上波では4K放送の番組はないの?

なぜ地上波で4K放送がないのかは以下の2つの理由があるから。

【なぜ地上波で4K放送番組がないのかの理由】

理由①4Kを地上波で放送するには大規模に放送環境を変えなくてはならない

理由②放送形式の違う4Kを受信するには現在のテレビ・アンテナをすべて変える必要がある

といった理由から、放送する側である放送局やそんなに高画質にこだわらない圧倒的市民層の理解が得られないのが現状です。

また、アナログ放送から地上波デジタルに変更された時のように、国からの補助もできません。

4K放送対応テレビなんかはかなり高いですからね。

しかも、4K放送は録画ができないようになっているとか。

4K放送はなぜ録画禁止なの?

この4K放送の録画禁止については、原則そのような仕様にはならないようです。

ただし、番組によっては録画禁止設定を施すことはあるかもしれません。

録画禁止とはならないにしても、コピーの制限などはかかる可能性も高いです。

放送番組は知財権利の塊ですので、基本的には容易にコピーできるデジタル技術で4K放送をするので、あればありとあらゆる手段を使って守っていかなければいけないという制作者サイドの事情もあるようですね。

 

4K放送はチューナー・アンテナの値段を調査!

初めに言ってしまうと

4Kテレビとはこの4K放送チューナーが内蔵されたタイプ。

4K対応テレビとは4K放送チューナーが外付けとなるタイプです。

また、BDレコーダーも同じ理屈で「4Kレコーダー」と「4K対応レコーダー」となる可能性は高いですね。(お買い求めの際にはご注意ください)

4K放送用のチューナーの値段は?

4K放送対応のチューナーは、4K放送が2018年12月から始まることもあり続々と発売情報が公開されています。

メーカーはシャープ、東芝、パナソニック等のトップメーカーも出すようです。

情報によると価格はおおむね「オープン価格」。

予想してみると4K放送対応チューナーは

2万~4万円

の間になりそうです。

4K放送用のアンテナの値段は?

上にも書きましたが、4K放送は衛星放送でありますが既存のBSやCS放送とは放送形式が違うため、アンテナの買い替えも必要です。

アンテナはいかほど?と思い調査してみましたところ、

1万円以内

では買えるようです。

高いものは5万円とか10万円するようです。(この違いについては詳しくないのでわかりません。)

4K放送についての世間の反応

 

4K放送以前にここ数年でテレビ放送を全く見なくなった。

 

まずはフルハイビジョン放送が全ての番組で出来てからにしては

 

地上波アナログ放送が現在の地上デジタルに移行を完了したのは2011年。この際は、何らかの対策を行わないと基幹放送が視聴できなくなるという「必然性」があり、一気にテレビの買い替えなどが進みました。
一方、本年12月に始まる4K放送は、基幹放送という位置付けながらも、現在の地上デジタル放送は継続するため、視聴者にとっては乗り換える「必然性」がありません。また、衛星放送の受信設備あるいはそれに変わるケーブルテレビなどへの加入および、対応テレビやチューナーの用意など、いくつかのハードルもあります。
現在では、映画やドラマなどが月定額で見放題のネット動画配信サービスが人気なこともあり、4K放送の周知が100%に達したとしても、視聴者に「選択」されるには相応の魅力が求められます。コンテンツ、画質、利便性、あらゆる面でアップデートが可能な動画配信に対抗するのは簡単ではなさそうです。

 

それにしても以前の後付地デジチューナーの事件の教訓が全く活かされてないなぁ もはや確信犯的な詐欺と感じちゃう。

 

4Kで観たい番組があればいいけど、なんだか無さそうw

 

あるチューナーを見送ってるメーカーは4/8K放送はネット配信に任せて、番組放送より既に医療技術に目を向けてる。

高画質での診察。ネットを介した離島医療とか。

儲かるしね。

今はテレビはテレビじゃない、テレビが見れるモニターです。

 

じゃあ今まで売っていたのは何故?
詐欺に近いと感じる人もいるのでは?

 

地デジ移行と違ってテレビが観られなくなる訳じゃ無いし、別に今の画像で十分だし…何も4k放送自体も少なくて、価格も高いなら買う必要無いでしょ?
購入検討は、今のテレビがご臨終してからです(笑)

 

ハード面は十分準備が出来ていることが、ソフト面や仕組みで足を引っ張られる最たる例。そもそも4Kで見たい番組は限られるので、アナログ→デジタル切り替え時に比べそれほど需要や必要性があるとは思えないが。

 

テレビが家庭での最大の娯楽だった時にはハイビジョンに期待を寄せた。
今は、コンテンツも増えたけど4kが必要なものとは?
車の追従機能も殆どの人が使っていないし、要らない機能は不要で選択できる事も重要。

 

4K放送が決まっていたのにチューナー無しで買わせておいて、追加で購入する必要があるなんて詐欺だね。だいたいテレビはろくなモノ放送しないから見ないけどね。

4K放送については冷ややかな反応が目立ちます。

まぁ、私自身も今の画質で十分だし、そもそも4K対応の番組やネット配信が少ないです。

買い換えてまで見たいと思わないのが本音。

また、疑問に思ったのがこの4K放送がされていない間に売られていた4Kテレビ。

さも地上波で放送されるように思っていましたが、あんまり魅力ない似の4K4Kって言って売っていたのはなんだったのでしょうか?

何も知らずに4Kテレビ買った人は、詐欺にあった感覚になるのは間違いありません。

 

4K放送はいつから?地上波は番組放送なし?録画禁止のなぜとチューナーアンテナの値段を調査!まとめ

今回は「4K放送はいつから?地上波は番組放送なし?録画禁止のなぜとチューナーアンテナの値段を調査!」と題して調査しました。

何か4Kテレビは魅力がなさそうですね。

テレビ業界はソフトもハードも大変と感じます。

いまや、PCのモニターぐらいの値段でテレビ買えますから(しかもテレビのほうが画面が大きい)

どっちかと言ったら4Kが必要なのはゲーム用モニタとしてかもしれません。

私もゲームするならきれいなほうがいいです^^

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています】