さくらももこさんはポリシーを持って顔を出さなかった!

2018年8月15日に乳がんで亡くなったちびまる子ちゃん原作者:さくらももこさん。

これだけ有名にも関わらず、あまり世間への顔出しはありませんでした。

今回は「さくらももこが顔を出さない理由がすごい!息子の年齢や名前を調査!」と題して調査しました。

さくらももこが顔を出さない理由がすごい!

53歳という若さで亡くなったさくらももこさん。

ちびまる子ちゃんをはじめ、多くのマンガやアニメ、エッセイを執筆されました。

これだけ有名になってもさくらももこさんの顔画像はいつも若いころのものばかり。

なぜそうまでして顔を出さなかったのか。

その理由がこちらです。

さくらももこが顔を出さない理由は合理的な考えからだった!

https://twitter.com/torahappy915/status/1034053114674827265

さくらももこさんは以前NHKのトーク番組に出演した際に、顔を出さない理由としてこう語っていました。

「顔を第三者に知られることは本人には煩わしく、かといってどこかで出逢った第三者から声をかけられても挨拶しないことは相手を傷つける」という主義からこれまで一切のメディアに顔を出していない。

長男にも母親がさくらももこであることは長く秘匿していた。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2137843624607478001

すごい合理的な考え方ですよねぇ。

さくらももこさんは根本的には優しい方で、礼儀正しいかたなんだなと思います。

しかし、漫画家さんだからでしょうか。

人付き合いは得意ではないと思われます。

なので、失礼に当たるような態度をとってしまうことのないように、基本的には顔を出さないという考え方。

これは漫画家さんらしい合理的な考え方だと思います。

まぁ、受け取り方によっては引きこもり一歩手前的な思考とも言えますが(笑)

でもそういう独特な感性が「ちびまるこちゃん」などの名作を生むんでしょうね^^

さくらももこの息子の年齢や名前を調査!

さくらももこさんにはお子さんがいます。

その長男にも長く自分が漫画家のさくらももこということを隠していたとか(笑)

どうやって仕事をしていたんでしょうか?

なんかこのエピソードを聞くと現在のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」の鈴愛(すずめ)を思い出してしまいます。

主人公の鈴愛(すずめ)という女の子が漫画家を目指して上京。マンガ大賞にも選ばれ単行本も出すが、挫折。

結婚し子供も儲けるが離婚。出戻りして幼馴染の家にある鈴愛(すずめ)のまんがを娘が見るまで隠していた。

といったストーリー。

その「半分、青い」では娘は漫画家を目指すことはなさそうですが、さくらももこさんの息子さんはペンネームまで持っているようです

さくらももこさんの息子さんのペンネームは「さくらめろん」くん。

めろんの由来は甘いメロンが好きだからということです(笑)

可愛いですね^^

さくらももこさんと共著で本も出しています。

 

ひろこ①さん(@hiroko3.1)がシェアした投稿

さくらめろんくんの本名は陽一郎ともいわれています。

そして現在の年齢は1994年生まれなので24歳

もう大人ですね^^

であれば、さくらももこさんも心配することはないのかな?

でも、けっこうさくらももこさんは息子さんに甘かったようなので、心配はしていたのでしょうか?

さくらめろん君もお母さんに心配かけないよう、しっかりと自分の道を歩んでいってほしいものです(余計なお世話?)

⇒さくらももこさんと息子メロン君の共著「おばけの手」はこちらから(楽天:中古)

【さくらももこさん息子さんも大好き!ワンピース作者:尾田栄一郎さんとの対談記事です】

さくらももこ尾田栄一郎の対談ネタバレ!ちびまる子ちゃんはルフィ(ワンピース)の仲間だった!?

さくらももこが顔を出さない理由まとめ

今回は「さくらももこが顔を出さない理由がすごい!息子の年齢や名前を調査!」と題して調査しました。

やはりなんというか、さくらももこさんらしい顔を出さない理由でした。

でも、私も共感できるかも^^;

お互い嫌な思いをするならば、そうならない距離を保ちたい。

けっこうこういう考え方って「冷たい人」って言われるんですけどね(苦笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【さくらももこさん安らかに…】

さくらももこ死去でお別れ会はいつ?ちびまる子ちゃんの今後や顔画像死因を調査!TARAKOのコメントが泣ける!

【さくらももこさんと尾田栄一郎さんの関係がわかる記事】

さくらももこ尾田栄一郎の対談ネタバレ!ちびまる子ちゃんはルフィ(ワンピース)の仲間だった!?

【この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています】