北海道安平町で震度6強というとんでもない地震が起きました。

まずは皆さん身の安全を確保して、危険個所からはできるだけ離れ、必要な場合は避難所に避難してください。

今回は「北海道地震の被害は?今後の余震での土砂崩れ予測と避難に必要な物はこれ!」と題してお伝えしたいと思います!

北海道地震の被害がすごいことに!

北海道安平町を震源とする地震が9月6日のAM3:08に発生。

いまだ震度が判明していないなど、現地の混乱がうかがえます。

地震発生が未明だったこともあり、被害状況もまだ詳しくわかっていません。

しかし、震源地である安平町から約50km離れた北海道札幌市清田区でも相当な被害を伝えるツイッターがありました。

気象庁はこの北海道の地震を内陸の断層のズレから発生したもの発表。

内陸性の地震って個人的に局所的なもので、そんなに大規模にならないと思ってました。

しかし、今回のこの北海道の地震はかなりの広範囲。

もはや今までの常識や思い込みは通用しないと痛感させられました。

わかる範囲で申し訳ありませんが、被害状況をまとめてしました。

北海道地震の被害状況まとめ(2018年9月6日6時現在)

安平町で家屋倒壊

各地で道路陥没、地盤沈下(札幌では地下鉄が走っているため、その駅や線路などの崩落で道路陥没が多いのではとテレビで言っていた。もちろん液状化も含んでのことです。)

各地での大規模停電で、屋内は惨憺たる状態に。。。

※サイレンの音が大きいです!音量注意!

北海道電力の情報だとすべての火力発電所は停止。295万戸が停電しているとのこと。

停電原因は、火力発電所の損壊ではなく、停止したことで需給バランスが崩れ、周波数が狂ったためとのことです。

復旧は未定。現在水力発電から火力発電所へ送電する作業を検討しています。

苫小牧で道路に亀裂。けが人も出ています。これで本当に震度5強?と目を疑ってしまいます。

室蘭の新日鉄工場で火災。

など。

また、6時現在ではJRや地下鉄は運転が停止されている状態。

厚真町で大規模な土砂崩れが起きています。

12名が行方不明。生き埋めの可能性もあるとのことです。。。(午前8時15分現在)

土砂崩れは少なく見積もっても6か所で発生。周辺住居を巻き込む形で被害を出しています。

な、なんでしょうこれは。。。連なる山々が総じて土砂崩れを起こしています。

山肌の90%以上が崩れ、もとの姿がわからない状態に。

これは長雨にさらされた地域にも起こりうる現象。

巻き込まれた家屋に住人の方がいらっしゃったら。。。

今後の余震に注意!土砂崩れは予測(予兆)できます!

今回の北海道の地震は内陸性ということで、津波の心配はないということ。

しかし、安心するのはまだ早い。

私も東日本大震災で本震の2日後にかなり大きな余震を経験しました。

そしてその余震によって、本震を耐え抜いた家屋も崩壊。

また、亀裂など走っていた家屋はとどめを刺されるような形で崩れていき、本震の時よりも被害が大きくました。

だから、もし建物に亀裂や異常があったらば安全のために近寄らず避難してください。

また、今回のこの北海道地震で特徴的なのが、上の厚真町のような大規模な土砂崩れが起きやすいこと。

長期間の雨で地盤がかなり緩んでいるようです。

土砂崩れの予測(予兆)がわかる動画

大量の地下水を含んだ地盤はゆるゆるになり、少しの揺れでもすぐに崩れるような状態。

ましてや、今回の震度6クラスの地震となれば土砂崩れが起きることは必須。

土砂崩れの予測(予兆)方法としては、

  • 普段見慣れないところからの水が流れている・水が湧いている(その水が極端に濁っている)
  • 小石や石などが上から落ちてくる
  • 木のきしむような音・バキバキと折れるようなが聞こえる
  • 斜面に今までにない亀裂が走っている

などです。

また、土砂崩れが起こるまでの動画がありましたので、こういった危険性があるという参考にしてください。

避難に必要な物や気を付けるところはこれ!

北海道での地震発生を受けて、全国からツイッターでいろいろ情報が投稿されています。

その中で、有用と思うツイートを掲載させていただきます。

https://twitter.com/harunemutai/status/1037409128715436032

必要なものを書いてくれていますね。慌てていると絶対何か忘れたりするのでリストアップさせていると助かります。

これも役に立ちます。

今は被害もわからない状態ですが、徐々に必要なものが出てくると思います。

スマホは使える状態でしょうか?

もし使えるのであればこのような節約法もあるようです。

現在現地では大規模な停電が起きているとのこと。

電気が復旧したとき起こる通電火災。

地震で断線などした電線がショートしたりして火災が起きます。

避難するときは必ずブレーカーを落として、いらぬ2次災害を未然に防ぎましょう。

避難所情報について

午前8時半現在、北海道各地で救助が始まっています。

しかし、まだまだ手が足りていない状態かもしれません。

また、避難所についての情報が少ないかもしれませんので、北海道の避難所をまとめたサイトをご紹介します。

⇒北海道防災情報(避難所情報検索)

こちらは避難が必要な方に向けての情報です。

必要のない方はみだりにリンクを押さないでください。

不要なアクセスが増えてつながりにくくなり、必要な方へ情報がいきわたらない場合があります。

ご協力をお願いいたします<(_ _)>

また、NHKがインターネットでテレビ放送の同時提供を行っています。

テレビで地震情報を得られない方で、インターネットが見られる状態の方はこちらで情報をチェックしてみてください。(スマホ等携帯通信機器のバッテリー残量にご注意)

⇒NHK放送同時提供ページ

 

北海道地震の被害は?今後の余震での土砂崩れ予測と避難に必要な物はこれ!まとめ

今回は「北海道地震の被害は?今後の余震での土砂崩れ予測と避難に必要な物はこれ!」と題して調査しました。

まだまだ、被害状況は詳しくわからない状態。

JRや千歳空港などライフラインが止まっているとのことですから、情報の錯そうも多いかと思います。

ですが、まずは身の確保。

家の片づけなどに戻って余震による倒壊で命を落とすこともあります。

まずは安全の確保をお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています】